前へ
次へ

食物アレルギーの診断を行う検査

医療機関を訪れると、食物アレルギーの診断を行うための検査を受けることができます。
そのうちの一つは血液検査ですが、正式には血中抗原特異的IgE抗体検査と言って、それぞれの食物ごとに血液中のIgE抗体の量がどうかを測る検査となっています。
一般的に言って、この抗体の数値が高い場合、その食物を摂取した時にアレルギー症状が出る可能性が高くなると言われてはいますが、必ずしも症状が出るとは限らないのが実情です。
また医療機関で受けることのできる食物アレルギー検査には、皮膚テストと呼ばれるものがあります。
アレルゲンの疑いがある物質を一滴ほど腕の内側に垂らし、皮膚をほんの少しばかり針で傷つけ、赤く腫れた場合に陽性と判断されるという検査です。
さらにもう一つの検査として、食物経口負荷試験というものがありますが、これはアレルゲンと思われる食物を少しずつ、ゆっくり食べてみてアレルギー症状の有無を確認するというものです。
この試験は必ず医師の指導のもとに、しかも症状が出た時に対応できる体制がしっかりと整っている医療機関で行われることになっています。

Page Top