前へ
次へ

即時型アレルギーはピーナッツに注意

アレルギーというと口の中が痒くなったりするイメージがありますが、もっとひどい症状も起こります。
即時型食物アレルギーというものは食べてすぐ、あるいはそれから30分くらいで体のあらゆる部分に症状が出ます。
皮膚に蕁麻疹が出たり、口の粘膜に腫れや痒みが出るのを始め、消化器官に症状が出れば吐き気、呼吸器に出れば息苦しさも出ます。
こういったものは0歳から1歳が最も多く、大人になるにつれて普通は治っていきます。
また、ピーナッツで初めての症状が出る子どもが多いとされています。
ピーナッツは小さい子どもには喉に詰まらせたりなどの危険がありますし、幼児には与えない方が無難でしょう。
小学校くらいになって体が安定してからなら症状なく食べられることも多いです。
他にも魚卵で初めて症状が出る子どもは結構多く、これも小学生以降に与えるのがいいかもしれません。
症状は子どもも苦しみますし、食に対する不安も植え付けてしまいますので大人が細心の注意を払いましょう。

Page Top