前へ
次へ

シックハウスのアレルギー症状の原因と予防策

近年、家の中で起こるシックハウスという症状が増えています。
シックハウスとは、言うなれば住まいで起きるアレルギーの病気です。
シックハウスのアレルゲンとなるのは、建物を作る建材の化学物質や黒カビ、ダニなどです。
昔は家を建てる際にも、天然素材の断熱材や木材、でんぷん粉の接着剤などを使っていました。
それが現代では、ホルムアルデヒドを含む合板などを使うことが増え、その結果住人が不調を起こしてしまうのです。
また、外壁のヒビから雨水が建物内に侵入して、柱や土台が湿ると黒カビが発生します。
黒カビによるアレルギーを訴える人も少なくありません。
シックハウスの症状としては、喘息やアトピーなどのほかに頭痛やめまいやイライラなどが挙げられます。
こうしたアレルギー症状を防ぐために、天然素材の住宅が人気を呼んでいます。
建物だけでなく、部屋に置く家具類に関しても化学物質を含まない天然素材のアイテムが良いでしょう。
窓を開けたり換気扇を活用したりして、部屋の通気を良くしてカビを防ぐことも、シックハウスの予防対策になります。

Page Top