前へ
次へ

アレルギーの代表格花粉症

日本でも大勢の人を悩ませているアレルギー反応は、スギを始めとする様々な植物が原因となる花粉症です。
通常人の身体の中に花粉が入り込んでも何の問題もありませんが、その際に少しずつ免疫が作り出されていきます。
そのサイクルを繰り返すことで、やがて目のかゆみやくしゃみといった症状へと発展します。
免疫を司る抗体はいくつかありますが、花粉症に関係しているのはIgEと呼ばれるもので身体の中に蓄積されていきます。
それが一定のラインを超えた段階で症状として表れるため、急に花粉症になったと感じる場合も少なくありません。
そのラインには個人差がありますが、周囲に花粉が大量にある環境であればいつ花粉症になってもおかしくない状態です。
花粉症は一度発症してしまうと、後は症状の軽減が主な対処方法になります。
そのため可能であれば発症そのものを避けた方が望ましいです。
そのためにはストレートにアレルギーの元となる花粉を体内に取り込まないことが肝心です。

Page Top