前へ
次へ

アレルギー症状を改善するための切り札

その症状を初めて経験したのは確か昭和47年くらいのことです。
春先になるとまだ寒い3月でも鼻のあたりが妙にムズムズします。
目が真っ赤に変色し涙がボロボロ出ました。
そうなんです。
その症状は強いスギ花粉症だったのです。
スギ花粉症はアレルギー症状のひとつです。
スギ花粉というアレルゲンが原因でアレルギー症を発症していたのです。
最初は薬局で様々なスギ花粉症対策のお薬を試してみました。
いろんな種類のお薬を試しましたが全くというほど効果がありませんでした。
お薬を飲んでも全く普段と変わらないようにアレルギーに悩まされました。
自分の手に負えないと判断して病院で診察してもらうことにしました。
注射針で私の二の腕を20箇所ほど傷つけて、そこに様々なアレルゲンを塗りつけられました。
そして分かったことは、私は強度のスギ花粉症であるということです。
病院では 体のことを気遣って弱い薬から投薬されました。
全くと言って良いほど効果はありませんでした。
最後にステロイドという薬を投薬されて、その効果の絶大さを思い知らされたという次第です。

Page Top